page_top

新着情報

みかんの収穫作業のボランティアを行いました

2018年12月10日

 12月8日(土)に吉田町のみかん畑の収穫作業のボランティアにコープえひめからも11名の職員が参加しました。生産者ごとに数名のグループに分かれ、支援に向かいました。私たちが行った地域では川が氾濫して、家が流されたりするなどして、がれきがまだ至る所に残っています。川も護岸がくずれたままのところもあり、復旧にはまだ時間がかかるという印象でした。お手伝いに行った方の自宅の被害はさほどではなかったものの、道が遮断されていてしばらくは公民館で避難生活を送り、みかん畑にも行くことができず、摘果作業などに影響がでたとのことです。モノレールが壊れたところでは、アルバイトを雇って手作業で運び出すところもありますが、収穫をあきらめる農家も多いそうです。モノレールの修復には補助は出るものの多額の費用がかかり、今後どうするか考えている農家さんもいるそうです。

私たちが行ったみかん畑ではモノレールが動いていて、収穫作業のみを手伝いました。一つひとつみかんを摘み取る作業はさほど大変ではありませんが、少人数だといつまでかかるのかと思うほどのみかんの木がありました。収穫作業をしないと木がだめになってしまいます。愛媛のおいしいみかんを守るために、ささやかではありますが、協力で来たことをうれしく思いました。

コープえひめのボランティア派遣は15日も行われます。

新着情報一覧に戻る