page_top

新型コロナウイルス感染症におけるコープえひめの対応について

いつもコープえひめをご利用いただき、ありがとうございます。

コープえひめでは組合員の皆様と職員の感染防止を最優先に考え、組合員の皆様が参加される行事にはくらしづくりガイドラインを設けて、感染防止にご協力いただいております。
職員は日常的な対応として毎日の検温やマスク着用、手洗い、手指の消毒などの感染対策、県外への行動チェックや会食自粛などの感染回避行動などを継続して行い、各事業所・施設においても換気・アルコール消毒を実施しています。また、職員に新型コロナウイルス感染者が発生した場合は、所轄の保健所の指示に従って対応を行っております。業務を一時的に停止する場合や、事業所等でクラスターが発生した場合など、組合員の皆様のご利用に影響を及ぼすと判断した場合は、速やかに当ホームページや店頭等でお知らせいたします。

マスクの着用について

気温・湿度が上昇する中でマスクを着用して業務を行うことは、職員の熱中症リスクを高めることになります。夏季だけでなく、夏季以外の場面においてもマスク着用については厚生労働省が通知した「屋外・屋内でのマスク着用について」の基準に沿った対応をとらせていただきます。

お店での対応について

コープえひめでは、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、以下の対応を行い、組合員の皆様にご利用いただけるよう努めます。