コープえひめ よりよいくらしの想いをかたちに

コープえひめが取り組むSDGs

地域社会の中で5つの事業を継続させ、
コープえひめの理念
「よりよいくらしの想いをかたちに」
の実現に向けて取り組みます。

商品

⽣産者の顔が⾒える「産直商品」

将来を⾒据え、愛媛の基盤を守っていきたい。信頼関係の中で⼀⽣懸命やっていきます。
⽣産者のお⼀⼈ ⼒⽯ 亘さん

コープえひめの産直商品は「産地直送」ではなく、組合員・⽣産者がお互いの顔を知り合い、くらしを⾒つめ合い、「安全・安⼼」をともに考えた産地直結の商品です。産直⾁、野菜・果物類など多くの「産直商品」があります。

「産直ちから⽜」

内⼦町と⻄予市にある2ヵ所の指定農場でのびのびと産直⽜が過ごしています。

コープのオリジナル商品

コープえひめにはさまざまなオリジナル商品があります。組合員さんの願いや⽣産者さんの思いがつまった商品、環境や未来のことを考えた商品など。商品の開発や利⽤を通じて持続可能な社会の実現に貢献できる取り組みを広げます。

コープラン商品(商品の一例)

えひめ、こうち、とくしま、かがわの四国の⽣協が独⾃開発し、組合員さんの声や願いがつまっています。

環境

コープえひめ未来の森

2009年に愛媛県・今治市・コープえひめで企業の森林協定を締結し、今治市より玉川町鈍川の約41haの森林を活動フィールドとして提供いただきました。「コープえひめ未来の森」と名付け、組合員さんとともに毎年、除伐や枝落としなどの森林整備を行い、健全な森林づくりに取り組んでいます。

水辺の生き物しらべなどの環境学習

水辺の生き物しらべや自然観察会など、子どもたちに自然の大切さを伝える体験型環境学習の場を設けています。

省エネ化した店づくり

コープえひめのお店では、LED照明やインバータ制御式の高効率な冷蔵・冷凍のショーケースへと変更し、同時にそれらを一元化して制御できるようEMS(エネルギーマネージメントシステム)を導入。現在はコープ神郷で取り組んでいますが、店舗のリニューアルにともない、省エネ化を進めていきます。

平和

平和への願いを込めた折り鶴を海外へ

毎年、組合員さんから寄せられた折り鶴を、平和学習の教材として役立てていただくために海外に送っています。

地域貢献

共同購⼊・宅配、夕⾷宅配

コープえひめの宅配事業では街中や山奥、離島などの買い物困難な方々にもしっかりと商品を届けています。また、夕食を定期的に宅配する「らっくる」も買い物困難な方への支援として取り組んでいます。どちらも安否確認を担っています。

生活支援サービス くらサポ

組合員さんのくらしのお困りごとを幅広くサポートします。
詳しくはこちら

世界の子どもたちを支援 ~カンボジアに小学校を建設~

2014年度に、コープえひめ合併10周年記念事業として、カンボジアで地雷処理や地域復興支援活動を行っている「NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会」に、小学校1棟分の寄付を行いました。2016年2月カンボジアボスオム村にボスオム小学校が開校しました。文具の送付など継続して支援を行っています。

食育·消費者教育

我が家のお料理コンテスト

食生活や食の環境をみつめ、よりよい食生活づくりを進める食育活動の一環として毎年開催しています。優秀賞のレシピは機関紙「Lavie」で紹介しています。

産直米交流会(お田植え祭・収穫祭)

田植えや稲刈りを通じて、生産過程や生産者の顔が見える交流を行っています。

くらしづくり

委員会活動

地域ごとにコープ委員会、店舗ごとに店舗委員会があり、よりよいくらしづくりをめざして、いろいろな活動にチャレンジしています。

おしゃべりパーティー

コープの商品を囲んで、食べたり、おしゃべりしたり。仲間との語らいの場やつながりをつくるきっかけのお手伝いをしています。

エシカル消費

SDGs・エシカルチャレンジ

省エネやリサイクルなど環境に配慮した行動を組合員さんに呼びかけ、SDGsやエシカル消費に取り組む企画を毎年10~11月に行っています。