page_top

地域とのかかわり

環境への取り組みに関する基本的な考え方

基本理念

 コープえひめは、「よりよいくらしの想いをかたちに」を基本理念として、健康で安心して暮らしたいという想いを実現できる生協となっていることをめざします。
また、地域の人々とともに住みよいまちづくりがすすめられることをめざします。そして環境問題への取り組みを「根源的課題」と位置づけ、積極的に環境保全活動を推進します。
 持続可能な環境保全型社会の実現のために、循環型システムの構築と地球温暖化防止対策をすすめます。

取り組み方針

 コープえひめは食品・家庭用品・介護用品等の供給、および共済・旅行・福祉などのサービスを組合員・利用者に提供していることを踏まえ、環境に配慮した活動を行います。
 瀬戸内海と宇和海、そして四国山脈など豊かな自然のこの地にふさわしい環境を愛する生活協同組合として、活動、商品、サービスから発生する環境影響のうち大きな項目について、技術的かつ経済的に可能な範囲で対応します。あわせて、当組合に適用可能な環境関連の法令、条例、その他受入れを決めた約束事項を順守します。環境負荷の低減と汚染の防止を図り、環境経営に取り組み、環境への測定可能な結果の継続的な改善をすすめます。

  1. 1. 「環境に配慮した商品」の取り扱いと普及をすすめます。
  2. 2. くらしづくり活動を積極的に支援していくとともに、環境保全型社会づくりに向けた社会的活動を広範に取り組みます。環境配慮型の地域・まちづくりへ貢献します。
  3. 3. 「温暖化防止自主行動計画」を定期的に見直し、温室効果ガス総量削減を推進し、目標達成に向けて取り組みます。
  4. 4. 持続可能な経済・社会の実現に貢献できるよう、事業活動における生産性を向上させ、社会的責任経営を強めます。
  5. 5. 全ての事業所で省エネと省資源に取り組みます。
  6. 6. 容器包装とカタログのリサイクル回収率を引き上げます。リサイクルと買い物袋持参運動を積極的に推進します。